平成22年11月5日
 筍楓会総会 会長挨拶 要旨

 

皆様、本日はご多忙のところ、また、遠路、筍楓会総会に多数ご出席いただき、誠にありがとうございます。日頃から、筍楓会の運営にご協力をいただき、高い席から恐縮ですが、お礼申し上げます。

さて、昨年の総会は、皆様ご承知のとおり、例年の定例総会とは異なり、日程を前倒しの上、6月9日(火)、ここキャッスルホテルにおいて開催いたしました。

これは、昨年は、北都銀行と荘内銀行との経営統合につきまして、斉藤頭取より詳細な説明をうかがい、会員皆さんの理解を深める機会とするためのものでありました。

その後、同年101日には、経営統合はフィデアグループというかたちで、大きく船出をいたし、今日まで1年を経過した中で、着実に成果を上げてこられているものと拝察いたしております。

本日も、総会終了後に、頭取より銀行の近況についてご報告頂くことになっております。ご拝聴頂ければ幸いです。

なお、頭取ご報告準備の都合もあり、銀行役員の皆様にもオブザーバー出席を頂いておりますことをご了承ねがいます。

本日の筍楓会総会ご出席者は251名、懇親会ご出席者は261名となっております。これは、過去最高のご出席者数であります。皆様の筍楓会に寄せる思いの強さのあらわれと、会長といたしまして大変心強く存じておるところでございます。

総会は報告事項が中心となりますが、皆様には忌憚のないご意見・ご質問をいただければ幸いに存じます。今後の筍楓会運営に是非活かして参りたいと存じております。

総会のスムースな運営にご協力いただきますよう改めてお願い申し上げ、総会開会にあたり、ご挨拶とさせて頂きます。

よろしくお願いいたします。