沿革

筍楓会の主な歩み

○『筍楓会』の意義
 春は筍(たけのこ)、秋は楓(かえで)を表し、春夏秋冬を通じ懇親を深め、浩然の気を養うことを意味する。

○歴史
 昭和30年11月、旧羽後銀行(現北都銀行)の退職者組織として、同銀行の創業60周年を機に発足、活動を続け今日に至る。

歴代会長

○歴代筍楓会会長
初代会長  林         金三郎(昭和30年11月~)
 2代目    齋 藤     隆太郎(昭和37年11月~)
 3代目    本 間     善次郎(昭和48年3月~)
 4代目    長谷川     兵 冶(昭和54年6月~)
 5代目    五十嵐     源 吾(昭和60年6月~)
 6代目    尾 形     英三郎(平成4年6月~)
 7代目    三 浦     禮 司(平成6年6月~)
 8代目    佐々木        攻 (平成14年6月~)
 9代目    菅 原        晟 (平成20年6月~)
10代目  豊   島   光   裕(令和元年10月~)

役員

(令和3年10月1日現在)
(会 長)    豊 島 光 裕
(副会長)    細 谷 靖 彦 ・ 倉 部 稲 穂
(理 事)    三 浦 邦 彦 ・ 九 嶋 敏 明 
             進 藤 勝 実 ・ 廣 嶋 義 也
(幹 事)    柴 田   洋
(監 事)    齊 藤 義 広
(相談役)    齋 藤 隆 夫 ・ 加賀谷 武 夫
(顧 問)    菅 原   晟
           
          ※    ゴルフ運営委員会 
                         委員長 黒崎義雄  副委員長 佐藤光三